SDGs宣言

山津水産のSDGs宣言

私たちは企業活動を通じ
「持続可能な開発目標」や社会課題の解決に貢献していきます。

山津水産株式会社

代表取締役社長 岡本博

私たち山津水産は、SDGs達成に向けて、以下のような取り組みを行っています。

おさかなマイスターを中⼼に全役職員での啓蒙活動を通じ、⿂⾷の普及と促進、漁獲⿂種の価値創造を⾏い、
⿂の持つ機能と栄養価値による健康増進と、⿂に携わるすべての⼈々の労働価値の向上に貢献します。

  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も

⽔産資源の持続可能な管理と利⽤を実現するために、流通認証の活⽤と、
視野を広げた付加価値創造、安定調達と安定供給に取り組みます。

  • 飢餓をゼロに
  • 働きがいも経済成長も
  • つくる責任 つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう

調達と販売の精度を⾼め、在庫の適正化をさらに推進し、余剰販売や廃棄といった
ロスの削減・撲滅に取り組みます。

  • すべての人に健康と福祉を
  • つくる責任 つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう
  • 飢餓をゼロに
    飢餓をゼロに

    飢餓に終止符をうち、食材の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続能な農業を維持する

    2-3 小規模生産従事者の所得アップ
  • すべての人に健康と福祉を
    すべての人に健康と福祉を

    あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を維持し、福祉を推進する

    3-9 化学物質、大気、水質、土壌汚染による死亡・疾患率を減らす
  • 働きがいも経済成長も
    働きがいも経済成長も

    すべての人のための持続的、苞摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

    8-4 消費と生産における資源効率を改善
    8-5 生産性と働きがいのある仕事と、同一労働同一賃金の実現
  • つくる責任 つかう責任
    つくる責任 つかう責任

    持続可能な消費と生産のパターンを確保する

    12-2 天然資源の持続可能な管理、効率的な利用
    12-3 小売・消費レベルでの食材破棄を半減
  • 海の豊かさを守ろう
    海の豊かさを守ろう

    海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

    14-1 あらゆる種類の海洋汚染の防止
    14-b 小規模零細漁業者に、資源と市場へのアクセスを提供する
SDGs(持続可能な開発⽬標)について
SDGs(持続可能な開発⽬標)について

2001年に策定されたミレニアム開発⽬標(MDGs)の後継として、2015年9⽉の国連サミットで加盟国の全会⼀致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を⽬指す国際⽬標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰⼀⼈取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。