山津水産グループ 山津冷蔵食品株式会社
会社概要・沿革

会社概要

社名 山津冷蔵食品株式会社
所在地 【本社】
〒950-0801 新潟市東区津島屋7丁目212番地 [ 地図 ]
TEL:025-275-9611 / FAX:025-275-8841

【津島屋加工場】
〒950-0801 新潟市東区津島屋7丁目159番地1 [ 地図 ]
TEL:025-275-3800 / FAX:025-275-9055

【新崎加工場】
〒950-3134 新潟市北区新崎3丁目5-5 [ 地図 ]
TEL:025-259-2741 / FAX:025-258-3511
資本金 3,000万円(株主 山津水産株式会社100%)
設立 1984(昭和59)年10月
代表者 代表取締役社長 勇内 良仁
従業員数 100名(2020年2月末、職員、パート合計)
事業内容 水産物の加工
津島屋加工場:冷凍魚の切身及び冷凍魚卵(数の子)の加工等
新崎加工場:冷凍魚(鮭)及び冷凍魚卵(助子)及び珍味の加工等
主要取引先 山津水産株式会社、日本水産株式会社

沿革

1984年 山津水産株式会社の「冷蔵庫及び加工部門」の事業を継承し、山津冷蔵食品株式会社を設立。
1995年 津島屋加工場を新設する。
1999年 新崎加工場 日本水産株式会社の認定工場となる。
2003年 新崎加工場を増設する。
2007年 津島屋加工場 日本水産株式会社の認定工場となる。
2013年 冷蔵庫部門を、ヤマツサービス株式会社に移管する。

当社について

当社は山津水産株式会社の「冷蔵庫及び加工部門」の事業を継承し設立されました。
現在では、日本水産株式会社の認定工場として、定塩鮭・切身を主に事業展開しています。
水産物をより美味しくて安全・安心な商品に加工をして、お客様に日々お届けすることで社会に貢献してまいります。

ご挨拶

お客様一人ひとりにご満足いただけることを第一とします。

素材の<おいしさ><新鮮さ>を大切にし、安全・安心で価値ある商品をお届けします。

定塩鮭、鮭切身、魚卵(味付数の子)をはじめ、漬魚、焼魚・煮魚、珍味・生食用などの加工品、佐渡サーモン、酒処新潟の酒粕など地元新潟県産の原料を利用した加工品、幅広い水産物の加工商品をご提供します。

安全・安心、水産資源、健康・環境に配慮した商品の開発、生産、販売に努め、健康で豊かな食生活の新しい明日を拓くべく、<山津水産グループ>の一員として前進を続けてまいります。

代表取締役社長勇内 良仁